目的・活動

目的・活動

目的と活動

安全性や有効性に係るデータや製品の品質が要求事項を満たしていることを保証する業務が、QA(Quality Assurance 信頼性保証)です。特に医薬品・医療機器の分野では、人の命や健康に直接影響することから、このQA(Quality Assurance 信頼性保証)の概念は非常に重要であり、動物を使った基礎研究から製品の販売後までの様々な規制、基準に取り入れられています。

日本QA研究会は、医薬品、医療機器、農薬、化学物質、食品、動物用医薬品、飼料添加物等における品質及び信頼性保証(QA=Quality Assurance)に係る者で構成される一般社団法人です。
1992年2月にGLP関係者により創設され、1995年にGCP、2006年から製造販売後に係るGxP(当時GPMSP、現在はGQP/GVP/GPSP)の活動が開始され、現在は非臨床から臨床、製造販売後に至るまでの品質及び信頼性保証を扱っています。
2014年4月には一般社団法人として新たな出発をしました。今後も、品質及び信頼性保証に係る情報発信や人材育成を行うとともに、専門的な提言を通して人々の健康と福祉の向上に貢献していきます。

活動内容

(1) 品質及び信頼性保証に関する研究
(2) 収集情報及び研究成果に基づく資料及び成果物の発行
(3) グループ活動、講演会教育研修講座合同部会総会等の開催
(4) 関係官庁、関係団体等との交流
(5) 関係行政機関からの情報収集と会員への情報提供
(6) 海外関連機関との交流及び海外情報の収集と会員への情報提供
(7) その他、本会の目的達成に必要な事項

あゆみ

1992年2月 大森義仁会長のもとGLP関係者により日本QA研究会(JSQA)発足
1995年6月 GCP特別部会発足
1996年4月 GLP部会、GCP部会の2部会制となる
1996年6月 第12回国際信頼性保証会議主催
1997年6月 柳田知司会長就任
2000年5月 British Association of Research Quality Assurance(BARQA:イギリス)と相互協力協定(MoU)調印
2000年10月 Society of Quality Assurance(SQA:アメリカ)と相互協力協定(MoU)調印
2001年1月 GLP-QAP登録試験制度スタート
2002年5月 中村陽子会長就任
2002年10月 BARQA、SQAと三極相互協力協定調印
2003年10月 JSQA創立10周年記念総会開催
2005年2月 第1回グローバルQA会議共催(アメリカ・フロリダ)
2005年7月 GCP部会10周年記念総会開催
2006年4月 製造販売後特別部会発足
2007年5月 髙仲 正会長就任
GLP部会、GCP部会、製造販売後部会の3部会制となる
2008年10月 第2回グローバルQA会議共催(イギリス・エジンバラ)
2010年10月 Chinese Society of Quality Assurance(CSQA:中国)と相互協力協定(MoU)調印
2011年11月 第3回グローバルQA会議主催(京都)
French Quality Assurance Society(SoFAQ:フランス)と相互協力協定(MoU)調印
Korean Society of Quality Assurance(KSQA:韓国)と相互協力協定(MoU)調印
Taiwan Society of Quality Assurance(TSQA:台湾)と相互協力協定(MoU)調印
2012年3月 JSQA創立20周年記念総会開催
2012年6月 黒川達夫会長就任
2012年9月 German Society for Good Research Practices (DGGF:ドイツ)と相互協力協定 (MoU)調印
2013年7月 第1回Asia QA Forum主催(東京)
2013年9月 Swedish Association of Research Quality Assurance (SARQA:スウェーデン)と相互協力協定 (MoU)調印
2014年4月 一般社団法人への移行
2014年7月 岸田修一会長就任
2015年10月 GCP部会20周年記念総会開催
2017年3月 JSQA創立25周年記念誌発行

組織図

本会パンフレット

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本QA研究会(JSQA) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.