第13期及び第14期のC-1-A-3活動成果が臨床薬理雑誌に掲載されました。