第11期及び第12期のC-2-A活動成果が臨床薬理雑誌に掲載されました。

2018年3月
日本QA研究会GCP部会
第13期(2016-2017年度)
第 2分科会Aグループ

日本QA研究会GCP部会(第13期)C-2-Aグループでは、「ICH Q8、Q9の概念を導入した効果的・効率的なGCP監査を目指して」をテーマに第11期から活動してきましたが、この度、第11期及び第12期の活動成果をまとめ、日本臨床薬理学会が発行する「臨床薬理」雑誌に投稿し、受理、掲載されました。

『臨床薬理 Jpn J Clin Pharmacol Ther Vol.49 No.1 p.15-21 Jan 2018』
タイトル:ICH-Q8の概念を導入した治験の品質保証手法の一提言
著 者 :小島 文男、下向 東紅、吉原 添修、赤土 博章、仮屋 勝秀、平井 亨

本提言が、治験の品質保証手法の一助になれば幸いです。

研究成果・研究発表

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本QA研究会(JSQA) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.