第13期及び第14期のC-1-A-3活動成果が臨床薬理雑誌に掲載されました。

2020年5月
日本QA研究会GCP部会
第14期(2018-2019年度)
第 1分科会A-3グループ

日本QA研究会GCP部会(第14期)C-1-A-3グループでは、「グループ監査の検討」をテーマに第13期から活動してきましたが、この度、第13期及び第14期の活動成果をまとめ、日本臨床薬理学会が発行する「臨床薬理」雑誌に投稿し、受理、掲載されました。

『臨床薬理 Jpn J Clin Pharmacol Ther Vol.51 No.2 p.93-100 2020』
タイトル:
GCP監査でのグループ監査の試み ‐グループ監査実施で見えてきた有用性と課題‐

著 者 :
清水 聡、吉原添修、笠原浩、本田芳朗、閏間仁子、岡嵜三奈子、腰原麻子、野木香奈子、廣瀬博康、森本陽子、下向東紅

本研究が、開発業務におけるGCP監査の効率的・効果的な手法の一助になれば幸いです。

研究成果・研究発表

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本QA研究会(JSQA) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.